リトープス 我が家の石、生きています?!
0

    急に寒くなってきましたが、今週末&来週日曜日の大江戸骨董市に出店します。

    ぜひ、お時間に余裕がありましたらお越しくださいね。

     

    さて、久しぶりに告知以外のブログになりますが・・・。

    ここ数週間、どこかにあったはずと探していたボタニカルアートがやっと見つかりニンマリ。

     

    それがこれ↓↓ リトープス Lithops の銅版画

     

    IMG_1391.JPG

     

    IMG_1390.JPG

    この植物画めは、1814年にイギリスで作られた本からの1枚

    銅版画手彩色

     

    なぜ探していたかというと、我が家で既に10年以上生き延びているリトープスが花を咲かせていたからです。

    IMG_1380.JPG

     

    イギリスの園芸店で「なんじゃこりゃ!」と思ったのが初めての出合い!

    英語ではリビング・ストーン(The Living Stone)と言われていて、確かに生きている石!みたいですよね。

     

    この石を割って出てくるのが花芽。

    写真のように花弁は薄くとてもデリケート。

    我が家ではレモンイエローのかわいらしい花が毎年咲きます。

     

    しかし、こんなにワイルドに出てくる花芽も↓

    IMG_1381.JPG

    メリメリと割いて花が咲いたものもあり!!

    (水をあげ過ぎて,土よりこんなに飛び出してしまったためこうなったような・・・)

     

    このチョッとキモ可愛いところが魅力的??!!

     

     

    花が咲き終わったら、今度は脱皮するように分球(この言い方が正しいのか?ですが)し、数を増やしていきます。

    ただ、我が家では、増えたと思っても枯れたり、夏場に水をあげ過ぎ腐ったりと、なかなか数はふえていません.(残念)

     

    なんだか、見ていてると妙に和む、不思議な植物です。

     

     

     

    posted by: botanyeye | | 12:07 | - | - |
    長雨の後に・・・
    0

      昨日、久しぶりに犬のお散歩で近くの公園に行ったところ・・・・、ムムッ この時期にこんなにたくさんあったかしらというほどのキノコが!

       

      IMG_1327.JPG 

       

      IMG_1328.JPG

       

      IMG_1330.JPG

       

      まるで、梅雨時又は秋??という感じ。

      毎日の雨でジメジメの8月だから起こったことなのでしょうかね。

       

       

       

      そういえば、雑貨屋さんにはハロウィーンのグッズが店頭に並び、今朝の新聞にお節料理の注文広告が掲載されていました。

      さらに、来年2018年5月にロンドン開催されるチェルシーフラワーショーのチケット販売開始(会員先行発売:一般は9月から)の連絡もすでに到着。

       

      もう、そんな時期なのですね。

       

      暑さを理由にボォ〜っとしていてはいけないようです。汗

       

      posted by: botanyeye | | 09:26 | - | - |
      Welcome to Spring
      0

        昨日家に戻るとイギリスからの花の会報誌The Gardenが届いていました。
        表紙が黄色い水仙で、とっても春らしく、そしてキャッチコピーが最高!

        ウェルカム・トゥー・スプリングき  春よ、ようこそぉ〜!!




        こんなスイセン畑に行ってみた〜い。

         

        来週当たり、東京では桜も開花するようで・・・。

        フラッと花を見に出かけたくなってしまします。

         

         

         

         

        posted by: botanyeye | | 11:55 | - | - |
        小さいけれど咲きました
        0

          昨年末、カラカラの瀕死状態?で最終セールとなっていたフリチラリアの球根を見て、「買ってあげなきゃ!?廃棄処分にされちゃう!?」と勝手に思い購入しカサカサになった球根を植えたところ・・・・咲きました〜

           

           

           

          これはフリチラリア ミハイロフスキー

           

          成長時には15〜25cmぐらいになり房咲になるように解説がなされてたのですが、我が家の花は背丈が7兌紊板競潺縫潺法

          栄養が足りなかったのかなぁ。

          でも、咲いてくれて嬉しい〜。

           

          次は、ミモザアカシアが。

          そろそろ満開に近づいてます。

           

           

           

          posted by: botanyeye | | 09:46 | - | - |
          チューリップ アイスクリーム
          0

            毎年のことながら、これ以上どこに植えるのだ〜!!と思いながら、今年もやっぱり買ってしまったチューリップの球根。

             

            その中の一種類「アイスクリーム」。

             

            IMG_0937.JPG

             

            このチューリップを初めて見たのは2000年ごろに刊行されたチューリップの洋書。

             

            オランダで作出されたこのチューリップが本に掲載されたときは、「こんなチューリップができました」「まだ、球根が世に15球ぐらい(私のおぼろげな記憶ですが)しかありません」と記載されていて、この姿を見ていつかは庭に植えてみたいなぁ〜と思って本を眺めていたものでした。

             

            それから7〜8年後日本でもこの球根がお目見えしたのですが、チューリップの球根が1球5000円近くしていて、アマチュア花好きには手の届く金額ではなく断念。

            しかし・・・・、今年の園芸店を覗くと、まぁ〜なんて安くなったのでしょう!!!2球入ってなんと300円ちょっと。

            もちろん、すぐさまゲットしました💛

             

            それにしても希少価値がなくなり、安定的に大量生産できると植物もあっという間に価格が下がってしまうのですね。

            手が届く金額になる嬉しいのですが、それと同時にチョッと悲しい気も・・・。

             

            来春は、我が家でアイスクリームが咲くのを今から楽しみの私です♪

             

             

            posted by: botanyeye | | 10:36 | - | - |