リトープス 我が家の石、生きています?!
0

    急に寒くなってきましたが、今週末&来週日曜日の大江戸骨董市に出店します。

    ぜひ、お時間に余裕がありましたらお越しくださいね。

     

    さて、久しぶりに告知以外のブログになりますが・・・。

    ここ数週間、どこかにあったはずと探していたボタニカルアートがやっと見つかりニンマリ。

     

    それがこれ↓↓ リトープス Lithops の銅版画

     

    IMG_1391.JPG

     

    IMG_1390.JPG

    この植物画めは、1814年にイギリスで作られた本からの1枚

    銅版画手彩色

     

    なぜ探していたかというと、我が家で既に10年以上生き延びているリトープスが花を咲かせていたからです。

    IMG_1380.JPG

     

    イギリスの園芸店で「なんじゃこりゃ!」と思ったのが初めての出合い!

    英語ではリビング・ストーン(The Living Stone)と言われていて、確かに生きている石!みたいですよね。

     

    この石を割って出てくるのが花芽。

    写真のように花弁は薄くとてもデリケート。

    我が家ではレモンイエローのかわいらしい花が毎年咲きます。

     

    しかし、こんなにワイルドに出てくる花芽も↓

    IMG_1381.JPG

    メリメリと割いて花が咲いたものもあり!!

    (水をあげ過ぎて,土よりこんなに飛び出してしまったためこうなったような・・・)

     

    このチョッとキモ可愛いところが魅力的??!!

     

     

    花が咲き終わったら、今度は脱皮するように分球(この言い方が正しいのか?ですが)し、数を増やしていきます。

    ただ、我が家では、増えたと思っても枯れたり、夏場に水をあげ過ぎ腐ったりと、なかなか数はふえていません.(残念)

     

    なんだか、見ていてると妙に和む、不思議な植物です。

     

     

     

    posted by: botanyeye | | 12:07 | - | - |